• preferee

リンス・コンディショナー・トリートメントの違い

更新日:2021年8月22日

シャンプーの後に髪を保護する使用する物として


「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」「ヘアパック」「ヘアマスク」「アウトバストリートメント」など名称の異なるものがいくつかあります。


商品に表記されている名称や定義については、メーカー間で統一されているわけではありません。





一般的には「リンス」「コンディショナー」「アウトバストリートメント」は髪の表面に作用コーティングするもの「トリートメント」「ヘアパック」「ヘアマスク」は髪の内部に美容成分を浸透させダメージ補修をするものと言われております。



なので昔は、シャンプーの後まず「トリートメント」を塗布し5分~10分蒸らしたら流して次に「リンス」をする 「トリートメント」は週1・2回で良いと言われてました。



仕上がり感は

軽い仕上がり

「リンス」

「コンディショナー」

「トリートメント」

「ヘアパック」「ヘアマスク」

重い仕上がり

の順となっています。


メーカーによっては軟毛や細毛の方様に軽めに仕上がる「トリートメント」「ヘアパック」「ヘアマスク」もあります





最近は「トリートメント」「ヘアパック」「ヘアマスク」は表面コーティングし指通りをよくする機能を持っているものが多くなっています。


ダメージヘアの方も増えていますのでシャンプーの後は「トリートメント」「ヘアパック」「ヘアマスク」のどれかを使用するだけだ良くなっております。


「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」「ヘアパック」「ヘアマスク」のほとんどがカチオン系になっていますので「トリートメント」の後に「リンス」や「コンディショナー」を使用しても効果がなかったり効果が損なわれる場合があります。


地肌用やスキャルプケア商品以外は、髪の毛に対しての処方になっていますので、出来るだけ地肌に付けないようにしてください。







仕上げは頭皮と髪の毛をしっかりと「タオルドライ」をしてから「アウトバストリートメント(洗い流さない)」を塗布します。


自然乾燥はNGです。ドライヤーは出来るだけ早めに使いましょう。



まとめ



① 同じメーカーの同じブランドラインをセットで使用する


② ペタッとなるのが嫌な場合シャンプーだけで仕上げお風呂上りに洗い流さないトリートメントを使用する


③ 自分の毛質とダメージ具合にあったものを使用する 


自分にはどんな毛質とダメージがあるのか、どんなトリートメントやコンディショナーを使用すればいいのか、まずは担当の美容師に相談してみてください。








閲覧数:307回0件のコメント

最新記事

すべて表示